株式会社office 3.11(井出留美)は、世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家です。食品ロス削減推進法成立に協力し、メディア出演も多数!




事例紹介

アンケート
アンケートの集計結果は、講演主催者にご快諾頂いたもののみ、掲載しております。

2021年5月22日 フードバンク仙台主催 100名に食品ロスとフードバンクに関する基調講演(宮城県仙台市)
→アンケート結果
2021年5月8日 コープこうべ主催「もったいない大賞」農林水産大臣賞受賞記念オンラインイベント
「もったいない」が未来(あした)を変える で
「食品ロスを減らすためにわたしたちにできること」と題して100名に基調講演
→アンケート結果
2021年2月25日 ITの力を食品業の力に 食品IT Onlineセミナー2021(内田洋行主催) 講演
「ITの力で食品ロス削減に取り組む」
 →アンケート結果
2021年2月21日 食の安全と安心フォーラム第20回(食の安全と安心を科学する会主催)講演 →PDF
2021年2月15日 日本サステイナブル・レストラン協会主催 講演 →PDF
2020年2月8日 第30回 奈良県生協連生協大会 講演会「食品ロスをへらすために、私たちにできること!」基調講演 →PDF
2019年11月20日 東京都多摩小平保健所 令和元年度 食からの健康づくりシンポジウム 基調講演 →PDF
2019年11月5日 京都生活協同組合主催 秋のまなびば「食品ロスを減らすために私たちにできること」基調講演 →PDF
2019年7月30日 新宿区主催食品ロス削減シンポジウムで「基調講演」のパートを担当 →PDF
2019年5月20日 群馬県前橋市主催「消費者講座」アンケート集計結果(生のコメント) →PDF
2019年3月6日 東京都文京区主催講演 →PDF
2018年11月2~3日開催 エネさぽクラブ交流会での感想 →PDF
2018年7月3日 東京都新宿区・新宿区3R推進協議会 共同開催(後援:環境省、消費者庁、協力:新宿調理師専門学校)
「もったいない」食品ロスDAY「作ろう・食べよう・話そう!」基調講演 アンケート結果 →PDF
2018年3月6日 うどんまるごと循環コンソーシアム・四国環境パートナーシップオフィス共同開催
「みんなで知ろう!食品ロス」講演会 アンケート結果 →PDF
2018年2月28日 平成29年度食育シンポジウム 東京都福祉保健局 南多摩保健所主催 講演 →PDF
2017年6月22日 長野市・みどりの市民共同開催 生ごみ減量アドバイザー養成講座および研修会
「食べ物を無駄(ロス)にしていませんか?」講演アンケート結果 →PDF


動画
\ 食品ロス削減推進大賞 消費者庁長官賞受賞 受賞者紹介動画(2分間) /
出典:消費者庁ウェブサイト
(https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/efforts/award_002.html)
2018年5月12日出演 インターネットテレビ
ビデオニュース・ドットコム(http://www.videonews.com/
講演風景

事例紹介 事例紹介 事例紹介 事例紹介
2017年9月24日 長野県松本市主催 銀座NAGANO「食べもののもったいない教室」
株式会社レスポンを活用)

事例紹介 事例紹介
2017年6月20日 農林水産省ASEAN事業 カンボジア王立農業大学
事例紹介 事例紹介 事例紹介
2017年2月6日 農林水産省ASEAN事業 タイ・カセサート大学
事例紹介 事例紹介
2016年10月27日 ACAP(The Association of Consumer Affairs Professionals )
公益社団法人 消費者関連専門家会議で「食品事業者がとるべき食品ロス削減のアプローチ 10の視点」講演

事例紹介 事例紹介
2016年10月25日 イオングループスーパーマーケット15社の次世代経営幹部勉強会で65名に
「食品事業者がとるべき食品ロス削減のアプローチ20の視点」講演

講演音声
平成29年6月7日に株式会社エステム主催で開催された第27回環境フォーラムでの講演の音声(3分間)。
プレイヤーをクリックしてお聴き下さい。



転機となった3.11を忘れない
1. Metis 奇跡のピアノ
2. 世界からの励ましメッセージ
3. 被災地からの「ありがとう」メッセージ
古物商取引認可番号/埼玉県公安委員会許可 第431030031874号
食品衛生責任者の認可番号
/埼玉県知事資格認定 食品衛生責任者 第0101186号
/東京都知事資格認定 食品衛生責任者 第2416864号

japan.committed to SDGs


      
ページのトップへ戻る