株式会社office 3.11(井出留美)は、世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家です。NHK・全国紙はじめメディア出演も多数!
プロフィール
プロフィール

プロフィール
井出留美 プロフィール

井出留美(いで・るみ)
株式会社 office 3.11 代表取締役

食品ロス問題専門家。
消費生活アドバイザー。博士(栄養学)(女子栄養大学大学院)、修士(農学)(東京大学大学院農学生命科学研究科)。女子栄養大学・石巻専修大学 非常勤講師。日本ケロッグで広報室長と社会貢献業務を兼任し、東日本大震災では食料支援に従事する。その折の大量の食料廃棄に憤りを覚え、自らの誕生日であり、人生の転機ともなった3・11を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンク、セカンドハーベスト・ジャパンの広報を委託され、同団体をPRアワードグランプリ ソーシャル・コミュニケーション部門最優秀賞や食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと導く。市会議員、県庁職員、商店街振興組合理事長らと食品ロス削減検討チーム川口主宰。平成28年度農水省食品ロス削減国民運動展開事業フードバンク推進検討会(沖縄)講師。同年10月『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)上梓、11月、本著内容を国際学会Food and Societyで発表。

所 属
【担当科目】
・渋谷教育学園幕張高等学校(SGH:Super Global High School)「食品ロスと食のキャリア」(H.28~)
・石巻専修大学 理工学部
 「フードスペシャリスト論」(集中15コマ)非常勤講師(H.26~)
・女子栄養大学「食文化情報論」非常勤講師 (H.23~)
・服部栄養専門学校「食育概論」(H.19~)
・神戸大学経済学部 非常勤講師(H.26.10)
・お茶の水女子大学大学院「キャリア開発特論」ロールモデル編(H.26~)

【所属学会・委員歴】
・日本食物繊維学会 理事 評議員(H.13〜)
・日本栄養・食糧学会 栄養成分表示 栄養教育検討委員(H.24~28)
・日本広報学会 会員(H.24~H.26 理事)
日本PR協会 平成27年度 PRアワードグランプリ  ソーシャルコミュニケーション部門 審査委員長
・(社)食感性コミュニケーションズ(FKC)  エキスパート(EP)(H.27~)
・島根県安来市 フードバンク事業推進検討会 委員長  (農林水産省 平成27年度 食品ロス削減等総合対策事業)
・富山県射水市 フードバンクとやま 広報アドバイザー(H.27年度)
・東京大学農学系 広報室会議オブザーバー(H.27~)
・沖縄県那覇市 フードバンク セカンドハーベスト沖縄 石垣島・宮古島での
 フードバンク推進検討会 アドバイザーおよびシンポジウム講師
(農林水産省 平成28年度 農産漁村6次産業化対策事業  食品ロス削減国民運動展開事業 フードバンク活動等の推進事業)
・東京都文京区こども宅食アドバイザー(2017年4月~2018年3月)
・埼玉県川口市廃棄物対策審議会委員(2017年7月~2019年6月)
・特定非営利活動法人おてらおやつクラブ 監事
学位・主な資格
・博士(栄養学)
・修士(栄養学)(農学)
・学士(家政学)
・社団法人 日本パブリックリレーションズ協会認定PRプランナー
・消費生活相談員資格(国家資格)
・消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)
・TOEIC 840
・タガログ語(フィリピン)
・中学1級・高校2級 家庭科教諭免許
・食品衛生責任者(東京都知事認可 および 埼玉県知事認可)
・古物商取引認可
独立に至るきっかけ=3.11
外資系食品企業で約14年半、広報と栄養関連業務を担当してきた後、 自身の誕生日(2011.3.11)に発生した東日本大震災をきっかけに、被災地への支援物資運搬に携わり、ボランティアとして被災地にも何度も足を運ぶ。震災の後、退職し、独立へ。サラリーマン(銀行員)だった父が46歳のとき脳梗塞で突然他界したことも、自身の働き方や生き方を考える上で、大きな影響を受けた。
大学卒業後のキャリア
1989年:ライオン株式会社入社。家庭科学研究所に配属、スキンケア商品の評価と、皮膚老化(しみ・しわ)の研究。20-50代まで100名のデータの経時変化を追跡。在職中に同期4名と参加した業務研究コンテストで、 「介護用品の開発」のテーマで準優勝。介護ボランティアに携わった経験と、5歳から食の興味を持っていたこと、アジアに興味を持っていたことから、JICA青年海外協力隊に応募、1次試験、2次試験を経て合格。

1994年:JICA青年海外協力隊の候補生として、3ヶ月の国内研修、1ヶ月の現地語訓練を経て、青年海外協力隊 平成6年度1次隊 食品加工隊員としてフィリピンに赴任。低体重児童に対する栄養改善や、モロヘイヤを用いた栄養改善、フィリピンNGOとともに、女性に対しての職業支援活動に携わる(手に職のない女性に対して、モロヘイヤでキャンディやビスケットを作る方法を伝授し、それを街で売るプロジェクトを立ち上げる、など)

1996年:心身の疲れによるうつ状態となり、2年の任期の直前に 急遽帰国。しばらく、どん底の日々を送る。5ヶ月の空白期間の後、 書店営業部で受注・発注業務などを担当。

1997年:外資系企業である、日本ケロッグ株式会社に入社。 消費者・広報室室長のアシスタントとして、広報・お客様対応・栄養関連業務に携わる。1998年、女子栄養大学の科目履修生として、実践栄養学と臨床栄養学を学ぶ。2001年、女子栄養大学社会人大学院修士課程 (栄養学)に入学。玄米と小麦ふすまの、皮膚状態と体調への影響を調べ、2003年に修士号(栄養学)授与。玄米と小麦ふすまの、腸内環境と皮膚状態への影響を調べ、2006年に博士号(栄養学)授与。その結果をもとに、プレスリリースを作成して全国紙やラジオ、テレビ番組に取り上げられる。2003年以降、小中高校での食育活動や、PTA・教育委員会、栄養専門学校などから、食育や栄養に関する講演の依頼を受ける。

2001年より約10年間、全社で一名の広報として広報室長を務める。
また2000年より11年間、広報室ニュースレターを通算1305号配信。
日本経団連の社内広報大会や、日本PR協会、 広報会議の広報担当者養成講座(宣伝会議)でも講演。

約10年間、一人で広報と他業務を兼任し、広報室室長をつとめてきた経験から、一人広報・兼任広報として、 「広報担当者養成講座」(宣伝会議)で、唯一の女性講師として 2010年12月と2011年6月に社内広報講座を担当。

2011年7月29日、最終出社を終えて5日後、宮城県石巻市へ支援物資を運んでいる最中に、食品のソーシャルメディアによるPRの、半年契約のお仕事を頂く。その一週間後に、食品のNPOの広報・PRの、半年契約のお仕事のお話を頂く。広報の、半年のコラム連載のお仕事も頂いたので、個人で仕事をしていくことに決める。

2011年9月より、オンエアナビ「一人広報の達人イデルミのコラム」 連載中。

2011年10月1日より、宣伝会議の月刊誌「広報会議」で半年間、全6回、「広報はじめて物語」2ページのコラム連載中。
2011年10月19日より、女子栄養大学 非常勤講師として「食文化情報論」の講義を担当。
2011年9月21日より、国内で2000年から日本初のフードバンク活動を継続している、セカンドハーベスト・ジャパンの戦略PRと広報を担当。
2011年9月15日より半年間、北海道の鶴雅観光開発株式会社HAPO (ハポ)事業部のPRとして、2011年7月に新発売した、無着色・無香料の野菜スイーツのソーシャルメディアを担当。
最新のキャリアについては冒頭のプロフィール仕事&オフィス講演メディア出演などの各ページをご覧ください。
学 歴
・東京大学 大学院農学生命科学研究科 農学国際専攻 国際情報農学研究室 修士課程修了 修士号(農学)取得
・女子栄養大学社会人大学院栄養学専攻博士後期課程修了、 博士号(栄養学)取得
・女子栄養大学社会人大学院栄養学専攻修士課程修了、 修士号(栄養学)取得
・奈良女子大学家政学部食物学科修了、学士(家政学)取得
情報発信
・twitter:https://twitter.com/rumiide
・Facebook:http://facebook.com/rumiide
・Skype:rumiide311

ソーシャルメディアは、右下にあるソーシャルメディアの リンクボタンから飛んで頂くことができます。
漫画 ~イデルミ物語~ 
古物商取引認可番号/埼玉県公安委員会許可 第431030031874号
食品衛生責任者の認可番号
/埼玉県知事資格認定 食品衛生責任者 第0101186号
/東京都知事資格認定 食品衛生責任者 第2416864号





            
ページのトップへ戻る